日本におけるお金の歴史~領国貨幣から江戸時代


日本におけるお金の歴史~領国貨幣から江戸時代_アイキャッチ
現在のような貨幣制度が成立するまでには、各国で様々な経緯を辿りました。日本でも最古の貨幣である和同開珎から現在の日本円まで、その間には様々な通貨や貨幣制度がありました。今回は戦国時代に急激に普及した領国貨幣とその終末、安土桃山時代から江戸時代にかけての貨幣制度の移り変わりを見てみましょう。

戦国乱世の幕開けと領国貨幣の登場・普及

貨幣制度の維持・発展に大きな役割を果たした渡来銭ですが、室町幕府の崩壊と戦国時代の到来により、貨幣制度は大きな変化を迎えることとなります。それが「領国貨幣」の誕生です。
応仁の乱によって室町幕府の支配体制が崩壊したことからはじまった戦国時代は、各地の大名による熾烈な権力争いを招き、およそ100年にわたる戦乱の時期を迎えます。同時期に盛んにおこなわれていた南蛮貿易により、金銀などの貴金属の精錬方法が伝えられたことで、各地の大名は有力な財源となる鉱山開発に競って乗り出します。群雄割拠する戦国時代の到来と鉱山開発の活発化により、それまでの渡来銭を中心とした貨幣制度が崩れ、各地の大名が独自に発行する貨幣による細分化された貨幣制度が急速に普及することとなります。現在の貨幣制度と異なり、大判小判を中心とした領国貨幣は金銀の含有量が信用を決める重要な要素でした。そのため各地の戦国大名は自国内の鉱山開発を進めるとともに、隣国の鉱山の占拠を狙って激しい争いを繰りひろげることとなります。

豊臣秀吉・徳川家康による全国統一と貨幣制度の統一

群雄割拠した戦国時代は、織田信長と豊臣秀吉の登場により終わりを告げ、豊臣秀吉による全国統一により一応の収束を見ました。全国統一を成し遂げた秀吉は、支配体制を確立する一環として領国貨幣から天正大判(てんしょうおおばん)への切り替えを進めます。しかし、天正大判は重さ165gの世界最大の金貨であり、あまりにも高額であったために大名や公家達の間でしか流通せず、庶民は従来の領国貨幣や渡来銭、鐚銭の使用を継続することとなります。秀吉の死後、再び戦乱の世となったものの、関ヶ原の戦いや大阪冬の陣・夏の陣を経て、徳川家康によって再び天下統一がなされます。秀吉の治世を間近で見て支えてきた家康は、貨幣制度の統一を更に進め、各地に金座・銀座を設置して金貨・銀貨の管理をおこない、秤量貨幣(ひょうりょうかへい)への統一を進めます。合わせて三代将軍家光が銅貨の寛永通宝(かんえいつうほう)を発行したことで、ここにはじめて金・銀・銅の3貨幣による貨幣制度が成立し、250年に渡る江戸幕府の治世を支える財力の源となったのです。
しかし太平の世が続いたことで大名から庶民まで次第に生活が派手になり、また参勤交替などの出費のため、特に各地の大名はしだいに財政が苦しくなり、幕府の許可を受けて藩内限りに通用する紙幣藩札(はんさつ)を発行するようになります。この乱発が続いたことで財政が破綻する藩が出てきただけではなく、金・銀・銅の三貨幣との交換率も乱れたことなどから、江戸幕府の統治が及ばなくなり、明治維新へと繋がってゆくのです。

まとめ

各地の戦国大名は勢力拡大のために独自の貨幣(領国貨幣)の鋳造・発行により貨幣制度の普及に努め、最終的な全国統一を成し遂げた徳川家康は、この貨幣制度をそのまま活用して全国統一を進め、圧倒的な財力を背景にその支配を確実なものとします。財力の裏付けが崩れると統治も及ばなくなり、江戸幕府の崩壊と明治維新につながってゆくのです。

The following two tabs change content below.
お金とクレカの歩み

お金とクレカの歩み

お金はいつから存在する?カードローン、クレジットカードの決済方法の歴史は?といったお金にまつわる話