日本におけるお金の歴史~物々交換から渡来銭


日本におけるお金の歴史~物々交換から渡来銭_アイキャッチ
現在のような貨幣制度が成立するまでには、各国で様々な経緯を辿りました。日本でも最古の貨幣である和同開珎から現在の日本円まで、その間には様々な通貨や貨幣制度がありました。今回は日本の辿ってきた貨幣制度のうち、最古の和同開珎から渡来銭までの流れを見てみましょう。

物々交換からはじまった貨幣制度

現在のような貨幣制度が誕生する以前、経済文化が未発達なころには、取引の主流となっていたのは貨幣を媒介とした取引ではなく物々交換でした。貨幣などの交換の仲立ちをするものを経ずに物やサービスを直接交換する物々交換は、もっとも単純で分かりやすい取引方法ですが、実際の取引に用いるには様々な困難がともないます。そのため、直接的な物々交換は比較的早期に廃れ、貨幣誕生以前には交換の仲だちをするものとして、生活必需品の米や布・塩などが活用されます。このような貨幣の代替する役割を果たす物品のことを総称して、「物品貨幣(ぶっぴんかへい)」と呼び、貨幣が誕生するまでは重要な役割を果たしていました。

縄文・弥生時代を過ぎて奈良時代になると、社会構造が安定したことで大陸中国(唐)との交流がはじまり、鋳造された貨幣が輸入されるようになります。この時点では大陸の文化は積極的に取り入れられたものの、国内での貨幣の鋳造にまではいたりませんでした。

国内最古の通貨「和同開珎(わどうかいちん)」と貨幣制度の発達

社会構造の安定と拡大にともない、それまでの物品貨幣だけでは実際の取引に様々な支障をきたすようになり、国内でも洗練された貨幣制度を導入する機運が高まりました。
そのため、和同元年(708)に国内での銅の産出をきっかけとして、国内最古の通貨と言われる「和同開珎」を中国の制度にならって鋳造・流通させることとなりました。
従来の物品貨幣からの乗り換えをうながすため、和同開珎が鋳造されてから各種制度が急速にととのえられます。
それまで物品貨幣で納めることが前提だった税制度の「租庸調(そようちょう)」を銭で納めることを推奨したり、銭を蓄えた人物に対して官位をさずける「蓄銭叙位令(ちくせんじょいれい)」の発布など、貨幣を利用するインセンティブをととのえ、貨幣制度の立ち上げを目指しました。

飛鳥時代(奈良時代)から平安時代の中ごろまでのおよそ250年の間に鋳造された貨幣は和同開珎から乾元大宝(けんげんたいほう)の12種類にもなり、これらの貨幣は皇朝(こうちょう)12銭と呼ばれています。

乱発による信用喪失と輸入通貨「渡来銭」の普及

2世紀半という短期間で10を超える貨幣が鋳造・発行されるという乱発状態であり、新しく鋳造・発行された貨幣ほど材料不足から貨幣の質も落ち、通貨としての信用が失われることとなりました。
通貨としての信用が薄れたことから、貨幣の流通は都や地方の一部にとどまり、現在のような貨幣制度の成立には至りませんでした。
貨幣制度が成立しなかったことから地方の大部分では従来のような物品貨幣に逆戻りしますが、社会構造の発展と経済の複雑化により物品貨幣を媒介とした取引では不都合が多く、その必要性は再び高まることとなります。
しかし既に流通している通貨の信用はいちじるしく低く、苦肉の策として中国(宋)から銭を輸入して従来の貨幣の代替に充てることとなりました。
輸入した貨幣は輸入した時期によりいくつかの種類がありますが、総称して渡来銭(とらいせん)と呼び、特に平清盛が権勢を振るった平安時代末期から多量の渡来銭が流通するようになりました。

また、渡来銭の普及により貨幣制度が一般にも浸透したことから、この頃から私鋳銭(偽造通貨)が出まわるようになります。
鐚銭(びたせん)と呼ばれた私鋳銭ですが、当時は高度な偽造防止技術がなかったことなどから、私鋳銭の中には正規の通貨として流通するものもありました。
このように普及した私鋳銭ですが、江戸時代に入ると渡来銭に替わる寛永通宝の普及をはじめとする幕府の貨幣制度の整備や発覚したときの厳罰などにより急速に廃れることとなります。

まとめ

和同開珎の鋳造・流通をきっかけとして現在の貨幣制度の原型が成立しますが、その後の乱発により制度は発展しないままに終わり、物々交換の原始的な取引制度に逆戻りしてしまいます。
しかし渡来銭の普及により、貨幣制度の命脈は保たれることとなります。

The following two tabs change content below.
お金とクレカの歩み

お金とクレカの歩み

お金はいつから存在する?カードローン、クレジットカードの決済方法の歴史は?といったお金にまつわる話