日本におけるお金の歴史~明治時代から現代


日本におけるお金の歴史~明治時代から現代_アイキャッチ
現在のような貨幣制度が成立するまでには、各国で様々な経緯を辿りました。日本でも最古の貨幣である和同開珎から現在の日本円まで、その間には様々な通貨や貨幣制度がありました。
江戸幕府の崩壊と明治維新による新通貨「円」の導入と、現在の貨幣制度について見てみましょう。

明治新政府の樹立と「円」の導入による貨幣制度の刷新

ペリー来航をきっかけとする江戸時代末期の大混乱をくぐり抜けて、江戸幕府妥当と明治新政府の樹立を成し遂げたことで、日本は国際化への一歩を踏み出すこととなります。世界に伍する国家となることを目指して、明治新政府は「文明開化」と「富国強兵」を旗印に経済発展に注力するため、その基本となる貨幣制度の一新する新貨条例(しんかじょうれい)を発布します。新貨条例によってそれまでの金貨・銀貨を中心とした貨幣制度を改め、円・銭・厘(えん・せん・りん)の単位による10進法の通貨制度を採用します。これにより東西日本で異なる計量方法や混乱していた貨幣制度を単純明快なものに改め、より強固な全国共通の貨幣制度の構築に成功します。
新貨条例の導入に合わせて紙幣の国産化や銀行制度の確立もおこなわれ、明治4年の14種類の新金銀銅貨の鋳造・発行や、明治5年の国立銀行条例の設立による西洋式の銀行の設立など、貨幣制度の急速な近代化も合わせて進められます。

世界大恐慌と管理通貨制度への移行

このように急速に進められた日本の貨幣制度の近代化ですが、当時の世界的な潮流に乗って通貨制度の信用を裏付けるのは中央銀行の保有する貴金属(金)の量に左右される「金本位・兌換制」が採用されていました。金本位・兌換制は第一次世界大戦の終結による大恐慌により経済が混乱したことから停止され、現在の管理通貨制度へと移行することとなります。管理通貨制度に移行後、アメリカ・ウォール街の株価暴落をきっかけとする世界大恐慌により各国は通貨圏に基づいたブロック経済を推し進め、第二次世界大戦へと繋がります。日本では世界大恐慌から欧米各国ほど大きな影響は受けなかったものの、ブロック経済化を進める過程で中国大陸に進出、日中戦争から太平洋戦争まで15年に渡る戦争を戦うことになります。

太平洋戦争と終戦、ハイパーインフレと国際協調の時代

15年に渡る戦争によって孤立した日本は、物資の不足により紙幣も貨幣も素材が悪くなり小型になっただけではなく、貨幣の代用として占領地で発行された軍票の流通により貨幣制度も大きく疲弊することとなります。貨幣の信用喪失により終戦後は、ハイパーインフレの懸念が強まり、占領統治をおこなうアメリカ軍はインフレ抑制のために預金封鎖を断行、新円切替などの様々な政策がおこなわれます。終戦後、アメリカの占領統治から独立する過程で日本は東西冷戦の枠組みに組み込まれ、西側諸国の一員となり、固定相場制(ブレトン・ウッズ体制)により1ドル = 360円の固定相場となりました。ブレトン・ウッズ体制により安定した国際通貨体制を構築した西側諸国ですが、1970年代には各国の経済成長によりブレトン・ウッズ体制が崩壊、変動相場制へと移行します。戦後高度成長と呼ばれた驚異的な経済成長を成し遂げた日本は、変動相場制の移行により徐々に円高が進み、プラザ合意やバブル景気により2011年10月31日には戦後最高値となる1ドル = 75円32銭を記録しています。

まとめ

明治維新による貨幣制度の切り替えにより導入された円は、様々な困難を経ながらも現在でも通用する管理通貨・変動相場制の貨幣制度です。また、それまでの鎖国政策を解いたことから、これまでのように国内だけではなく、世界経済の動向が円の動向に密接に関係するようになっています。

The following two tabs change content below.
お金とクレカの歩み

お金とクレカの歩み

お金はいつから存在する?カードローン、クレジットカードの決済方法の歴史は?といったお金にまつわる話